協議離婚の概要


協議離婚が成立するまでの流れ

協議離婚のポイント

話し合い 離婚の意思のほか、未成年の子供の親権や養育費、財産分与や慰謝料などについて協議します。 当事務所のサービスをご依頼いただける場合は、離婚協議のポイントを記載したチェックシートをもとに話し合いを進めていただくことも可能です。

合意

話し合いで合意した養育費や財産分与など、特に金銭が関わる取り決めについては後日トラブルを防止するために離婚協議書離婚公正証書を作成することが望ましいです。

離婚届の作成

①夫婦の署名・押印 ②成人の証人2名の署名・押印
③未成年の子供がいる場合は親権者
④離婚後の戸籍について記入します。

離婚届の提出

提出先は本籍地か現住所の市区町村役場の戸籍係となります。
本籍地以外の役所に届け出る場合は夫婦の戸籍謄本が必要です。
その他本人確認書類・印鑑をご持参ください。

離婚成立

離婚後には、子の氏の変更許可申立てや健康保険・国民保険の手続や
住所移転に伴う転出・転入届の手続などが必要となります。
当サイトでも離婚後の手続についてもご案内していきたいと思います。

 

  • TEL 078-935-1930 / FAX 020-4662-3435(月~金 10:00~19:00 /土 10:00~17:00 /日・祝日定休日)
  • お申し込みはこちら