行政書士 あかしや法務事務所


離婚協議書作成のすすめ

病気は、早期発見、早期治療が効果的といいますが
法律問題も同じといえます。 話がこじれる前に、まずは「予防法務」を。

離婚にともなう財産分与や養育費、慰謝料の額や支払い方法
お子さまとの面会交流などについて取り決めた内容は、離婚届の提出前に
「念書」や「離婚協議書」といった文書にしておくことが大切です。

口約束では離婚成立後に「言った、言わない」の水かけ論になったり
約束が守られない可能性も高くなってしまいます。
文書にして残すことで後々争いになった場合の証拠として重要なものとなりますので
協議離婚ができる場合は、離婚協議書を作成しておくことをお勧めします。

金銭的な取り決めはできるだけ公正証書に

財産分与や養育費、慰謝料などの金銭的な内容に関して取り決めが多い場合や
支払いが一括ではなく、長期間になる場合は
約束が確実に実行されるように、できるだけ「公正証書」にしておくことをお勧めします。

金銭的なことに関しては、要点をおさえた公正証書を作成しておくことによって
相手方が金銭の支払いをしなかった場合に、裁判を起こすことなく
強制執行(相手方の財産や給与を差押え)することができるようになります。

公正証書を作成しておくことによって、将来の争いを予防しておくことができ
また、公正証書の作成によって心理的にプレッシャーがかかることで
相手方の支払いを促す効果も期待できます。

離婚協議書・公正証書はどうやって作る?

離婚協議書も離婚公正証書の作成手続も自分でしようと思えばすることもできますが
取り決めた内容が違法、公序良俗に反する場合には法的に無効となってしまいます。
法律知識に自信のない方は専門家に任せてしまったほうが安心です。

離婚公正証書の作成に関しては、通常ですと公証役場の公証人と作成したい文書について相談・打ち合わせを行い
その後完成した文書を公正証書にするために”離婚の当事者二人”が公証役場へ出向いて手続を行う必要があります。
※公証役場は平日のみしか利用できません。

専門家に頼んで精神的負担を軽減

当事務所が依頼者様に代わって離婚協議書(公正証書の原案となるもの)をお作りします。

また、離婚協議書の作成だけではなく、 ご本人様が作成された離婚協議書のチェックサービスも承ります。
「ネット上で見つけた離婚協議書の雛形では対応できないんだけど…」
「雛形にこんな条項追加していいのかな…」逆に「この条項削除してしまっていいのかな…」
このような方はお気軽にお問い合わせください。

サービス案内

行政書士 あかしや法務事務所がお手伝いできること

サービス例1
「離婚協議書」作成サポート
協議離婚の際に作成する「離婚協議書」の作成を代行いたします。
トラブルの未然防止と後々蒸し返すことがないように夫婦が合意した内容を書面に残すお手伝いをさせていただきます。
長期に渡る金銭の支払いに関する内容が含まれる場合は、離婚協議書をもとに公正証書を作成しておく方が望ましい場合もあります。当サービスでは、離婚協議書の作成はもちろん、公証役場にて公正証書にする方法もご案内いたします。公証役場に出向くのは基本的に当事者のお二人となります。
サービス例2
作成された「離婚協議書」のチェック
「作ってみたけどこれでいいのかな?」そんなふうにお困りの際はお気軽にご依頼ください。
 
現在休止中
「離婚公正証書」作成サポート
離婚協議書の作成から、公証役場で公証人に作成してもらう「離婚公正証書」の作成依頼手続をご本人様に代わって行うサービスです。(サービス休止中)
  • TEL 078-935-1930 / FAX 020-4662-3435(月~金 10:00~19:00 /土 10:00~17:00 /日・祝日定休日)
  • お申し込みはこちら